1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

まいちゃん

梨沙ちゃんが更新したブログで「お勤め、頑張りましょう(^^)」と言ってくれたので、仕事頑張ってきましたYO!

わたしは今やすっかり、ももちという女の子の存在に人生の一端を巻き込まれたかのような気がしています。そのももちが愛した子どもたちのことも、もう本当にみんな大好きです。
なので、このブログで分け隔てなく愛でたいという思いもあり、これまで特に書かなかったことがあります。わたしをカントリー・ガールズに搦め捕ったのが、小関舞ちゃんだということ。彼女がいなかったらカントリーにここまで入れこむことはなかったんじゃないかな。

 

f:id:lithohati:20170528002002p:plain

〜自分大好き〜小関舞
最初にこの子いいな!と思ったのは結成を追った動画、控え室に集められた場面の「うたちゃん!」の一言。素直で強い親愛に溢れる言葉の発し方に、強く惹き付けられました。この子気になる。それは恋のはじまりです 笑。
カントリー・ガールズの良心。太陽。愛の伝道者。それがおぜきー?「まいー!」
カントリーが放つオーラの中の「健全な色」の8割(てきとう)をこの小関舞が担っています。
健全とは何か、愛を真っ直ぐに受け止める力がある、ということです。この強い輝きが、最初からずっとカントリー・ガールズを照らしてきました。
自分の言葉を伝えようという強い意思があるというのも最初から顕著でしたね。「自分の言葉で話しなさい」というのはももち先輩の最初期の指導だったと思います。その薫陶を受けるまでもなく、ももち先輩との邂逅以前から、自分を出せていたのが小関舞です。
歌、ダンスもアイドルとして申し分ない。『愛おしくってごめんね』のライブを初めて見たとき「ごめんなさいね」の音の取り方に、この子絶対上手くなる!とわくわくしたんですが、そこから努力もたくさん積んできたと思います。同じ曲でもツアー重ねるごとに必ず、良くなっている。前ツアーで惜しいなと思ったところが次のツアーではまったく気にならなくなっている。そんなのが多々ありまして、これは本当に細やかに努力してるのだろうなと毎回感動していました。
去年の春夏あたりから、ぐっと垢抜けても来て、今やステージでのオーラの華やかさも半端ないですよね。
最高に魅力的なアイドルです。わたしの思うアイドルの理想像そのものです。みんな、小関舞を見つけるべき。
これからも成長を追っていけるって、何て幸せなんだろうと、思ってます。ああ、言葉にしてしまった。

広告を非表示にする