1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

COVERS 〜The Ballad〜は本日楽のCのみ

と、なりました。中野A〜C通しで当たったのに行けず…追加公演の八王子Cだけ取れたので、今日、行ってきました。

AB取れないって知沙希ちゃん&ふなちゃんにバッサリ振られてるわけで、さらにつばきがいないという形ではありましたが、全然と言うか、これだけでも見られてすごく良かったです。

小田さくら宮本佳林がいるう!っていうゴージャスさに陶然としながらOP見てました。華やかだったわ…。アイドルとしての輝きに心ときめかされながらも、このゴージャスさというのはルックスや人気といったところから醸し出されるものではなく、歌の才によってもたらされているイメージなわけで、そこがゾクゾクしますねハロプロは。

初めてこんな形のハロコンを見たところ、バラードってテクニックだけじゃなくて、もともとの声質がえらく耳にピックアップされるなっていう印象でした。

短いソロパートを漫然と聞いていただけでは知れなかったバラードでの声、選曲も合ってて声の良さを知れた、知らなかった!と感動したのは真莉愛といっちゃんです。このお二方はソロ歌手として聞ける声をお持ちでした。と思いました。わたし的には今回のダークホース。

真莉愛の『卒業写真』良かったなあ。低音の響がとても素敵で。低音が良いかっていうのは女性歌手の肝だと思っておりますので、ほんの一音に撃ち抜かれましたね。立ち姿も可憐で美しい。ピンクのロングスカートがまた、真莉愛でなきゃってくらい似合ってました。ずっと見ていたかった。

いっちゃんの『明日への手紙』の方は、ファルセットがきれいで。こんな声だったのってうっとりしながら聴いてました。伸びやかで柔らかい声していらして。

タケちゃんトップバッターで、ものすごく安心して、その美声に心委ねられたのは幸せでした。夢羽の『香水』はいいもの聴かせてもらった!とお得感に頰が緩み。うえむーの声はほんと好きで、声量もあるから気持ちよく、愛生ちゃんはあどけない声で油断させながら実は安定してきっちり聴かせられる、歌えるところ、見せてもらいました。

ところでそう、愛生ちゃん可愛い。先日、同僚Iちゃんが興奮しながら「ソロフェス見ました!?愛生ちゃん可愛い!」と言いに来ました。「見てないけど愛生ちゃん可愛いのは知ってる!」と返す、残念なやりとりでしたが、ひとしきり盛り上がりました。わたし言うほど見てるわけではないのですが 笑。昨年見に行ったモーニング代々木での初愛生ちゃん、笑顔の可愛さに釘付けになりましたもんね。ステージ上でのアイドル性がえぐいです。今日も愛生ちゃん見られるの本当に楽しみにしてたんですよ。ありがとう!

強烈な原曲の印象に引っ張られず、その人のパーソナリティで聴かせてくれたと思ったのは、みぃみの『M』これ奥居香さんの癖のあるハスキーボイスで耳にこびりついてる曲ですけれども、圧じゃないところで歌いこなしていて感心したり。佳林ちゃんの『First Love 』も、彼女の声と表現で歌ってくれたのがとても良くって、これぞカバーの醍醐味ですね。

小田ちゃんは、せっかく生で聴ける機会、もっとロングトーン聴かせてくれるバラードが良かったなんてもちょっと思いましたけれども、逆に『ロビンソン』て挑戦曲のようで、まったく違う境地を見せつけられてしまいました。ハロプロ曲での圧のかけ方では歌えない楽曲ですよね。うまく言えないところですが、そこをテクニックで歌ってないところが魅力的で。

ロングトーンならついさきほど、さゆきとデュエットの動画が上がりましたね!嬉しいことです。これ書いたらまた見ましょう。

それであれですね、話を戻すと、千秋楽パターンC大トリ桃々姫優勝の様を見ました。『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』。スタイリングも佇まいも声質も声量もテクニックも。MCでさらりと「歌には自信がない」なんて嫌味なく言えるところも。優勝!

つばきのメンバーがいない状態で1時間15分くらいだったでしょうか。短い時間でしたが、楽しかった。収穫たっぷりです。

楽日だったので、ホールでソロでバラードを歌うというチャレンジも、それぞれこなれたところを見せてもらったのではないでしょうか。見とくべき人他にもたくさんいたでしょうねえ。こうなると中野に行けなかったのが本当に悔やまれますが、見られたものを抱いて、今夜はよいねむりにつきたいと思います。ありがとうございました。

 

2015秋冬をべた褒めする

昨日は久しぶりに大好きな2015秋冬を観てました。ちょっと久しぶりに観たかもしれない。しかしカントリーのライブDVDの中でも個人的に一二を争う頻度で見ているやつです。
あらためて感動して 笑。いや後世に、未来永劫、永遠に残すべきライブ映像ですよねこれは。


1曲目の『革命チックKISS』でいきなり小関舞が泣いているという波乱の幕開けも印象深い、カントリー最初にして最後の、記念すべきやまおぜ “東京凱旋” 公演です。

f:id:lithohati:20200808040218p:plain

f:id:lithohati:20200808040236p:plain

ももち先輩の失笑も止まらないアンコールからの2色ペンライト。


個人的に三本の指に入る4周年記念イベントforteの5人と、この2015秋冬の5人、どう考えてもどちらも最高で困ります。ううん全く困らないです。

f:id:lithohati:20200808041149p:plainf:id:lithohati:20200808041206p:plain

知沙希ちゃんセンターは強い。ってことがよくわかります。つよすぎ

2015の5人映像見てて「きれいだなあ」って思って。やさしくてきれい。そんな5人を堪能できるのはもちろん、このライブはカントリー娘。のナンバーが数多く含まれてるところもポイントです。

わたしは中でも『恋がステキな季節』がもう、最高に好きですね!良いんですよもうー。りさちゃんまなかちゃんちぃちゃんまいちゃんの素直で伸びやかな声、不意に差し込まれるももちの歌声には滋味があり。心が洗われていく実感と、癒し効果に感動が止まらない、極上の逸品となっております。まだまだ幼気な雰囲気を醸してる4人の可愛さもすごいからね!

f:id:lithohati:20200808041721p:plainf:id:lithohati:20200808041738p:plainf:id:lithohati:20200808041811p:plainf:id:lithohati:20200808041755p:plainf:id:lithohati:20200808041932p:plain

このライブで最も印象深かったこの曲を、ラストライブでやってくれたというのは、本当に、大変エモいことでした。

『二人の北海道』も大好きです!

f:id:lithohati:20200808041914p:plain

ここすき。

続く『雪景色』も二人ずつのユニゾンがとってもきれいなんですよねえ。何回か書いてる気がしますが、わたしがカントリーにはまっていくにあたって、何度か食らった強烈なフックの一つが『ためサマ』です。こんな清廉でけれん味のない可愛さを醸し出せるアイドルグループなんてあった!?いやないわ。というのがその理由だったんですけれども、それをこの『雪景色』からも感じます。
カントリーはあざと可愛いと思われがちですが、奥に清らかで柔らかい心があるんですよ。そこが稀有なの。そう!わたしはそう思ってる!

このライブはさらに、おぜちぃの『ロボキッス』あり

f:id:lithohati:20200808042024p:plain

カントリーのお姉さんズによる『ちょこっとLOVE』があって

f:id:lithohati:20200808042048p:plain

さらにさらに、天才的チョイス『有頂天LOVE』と『かっちょ良い歌』まで収録されてるんですよ!
至高。

ちょっと久しぶりに観たけどすごい。とっても良いものだとは思ってましたが、この時点でこんなに完成されてましたっけ。わかってたつもりだったのに今頃あらためて知るみたいなこの感じ。曇ったメガネを拭いた視界みたいなこの感じに、名前を付けるとしたら何でしょう。

思い返してみれば、当時はまだうたちゃんショックを引きずっていたかな。それもあって目が曇ってたかもしれないですね…。喪失感というやつは一旦別の場所に置いておかないと、見えてるもんも見えなくなるのかな、なんて、初めて思いました。多分。そういうことのような気がします。いやわかってても難しいんですよ…。

このライブDVD、まだe-LineUP!で買えるので、もし!お持ちでない方がいたら買うといいわ見るといいわ。わたしもこの連休にまたループしようと思います。

 

 

Sims4ですが、ブログを別に立てました。ただのゲームブログになるので全然見なくていいんですけれども。

lithohatisims.hatenadiary.jp

やっぱり歌よね

しばらくハロプロから離れていたんですけれども。いや離れてたっていうのかな、通勤の車の中で毎日行き帰りハロプロ聴いているし2日と空けずに何かしらハロプロの動画見ているし、そういう意味では離れてないのかもしれないですが、今のハロプロの動きっていうのを全く追ってなかったんですよね。多分わたしがライブ派だからなんです(言うほどライブ行ってもないじゃないあなた全然まったく。何なの「派」って)と括弧付きで食い気味に己ツッコミしたくもなりますが、やっぱりライブがダントツで上がると言いますか、ライブがなかったらハロプロにはまってないですよね。YouTubeでいろんな企画動画が上がってるのとか、ブログとかインスタとか、面白いこと素敵なこといっぱいあったと思うんです。なんかすーっと横を通り過ぎてしまってました。自粛あけてまたライブができるようになったら、その時。と思って。それを楽しみにしよう!みたいな。逆に変な縛りを自分に課してしまってたかもしれませんが、まあまあまあそういうファンなんでしょう。明日のソロフェスも見られないし。なんとか見られないもんなんですかね。アンテナないしレコーダーもないんですけれども。

なんですけど7月だめなんだけれど8月のあれは日程的に行ける!となりまして。Hello! Project 2020 Summer COVERS 〜The Ballad〜申し込んだ時にガッと上がりましてその興奮が今日も続いています。

明日のソロフェスもそうですが、素敵なアプローチだなと思っています。やっぱりハロプロの「歌の力」ってすごいじゃん?歌って本当に力あるじゃん?アイドルの推しメンがソロで歌うっていうだけの魅力にとどまらない、歌唱力でコンテンツをひとつ上に押し上げるだけのポテンシャルがハロプロにはあるじゃん?と、思うわけです。えぐい面子が揃ってるわけですから。それをこれまではグループアイドルの枠で贅沢に使っていたわけですから。良い。ひとりひとりの歌声をフィーチャーするって、エクストラとしても素晴らしい!と感じ入っています。

車の中で毎日毎日CD聴いてて個々の歌声に魅了されつづけているんですよね。急に感極まって「国民は皆この歌を聴いて元気付けられるべき!どうしてこの歌が国民的に売れてないのか意味わからない!」とかハンドル握る手にぎゅーっと力こもったりして、安全運転的にスレスレなんですけれども、そうです。「歌の力」を知らしめましょう。

何がすごいって船木結がメンバーに入ってるのがすごい。まだ居てくれているのがすごい。接触イベントの類や写真やグッズはもう苦手なのが完全にわかったので投じれないのですが、ふなちゃんから「おばちゃん100万円」と言われたら秒で差し出せます。ごめん、100万がせいいっぱいだけども。いやふなちゃんそんなこと言う子じゃないです。名誉毀損です。そう、金額の話でもなくて、どう感謝を伝えたらいいのかわからないっていうのを例えたかったんですが、圧倒的に例えが下手でした。ひどいね。ふなちゃんのブログの文才の万分の一でもわたしにあったら良かったのに。

というわけで、今なお多才極まる船木結を、8月には見に行けるかもしれなくて、かもしれないっていうだけでもう嬉しいですね。生きます。

こうして、興奮しながら久しぶりにブログを書いているので、今日まであー!と思ったままで放置してたこといろいろ書きます。溜まってた。かもしれません?

その1 はまちゃんのインスタ最高じゃない?

何ですかねあの超次元感。なんっか、違うんですよね、圧倒的に清廉で強くて現実味なく美しい。見惚れる。はまちゃん好きでしたけれどもこれまでとは全く違うベクトル、歌ダンスとは全く違うところで「一生推せる」とかわけわからないことを思いますね。個でこんなに輝く子なんだって、えげつないほどのスターオーラがあると思うので、伸びていって欲しいです。見つかって欲しい。圧倒されています。もうほんっっ

その2 れいれいって歌手

今日アップされましたね。『ポツリと』。第一弾時点から衝撃的だったんですけれども、歌手ですね。アイドルと思って見れないです。歌手と思って聴いてしまいます。どうしようって、ひとそれ聴いた時から考えてました。そもそもJuice=Juiceというグループが歌で頭抜けてる、ハロコンとか行ってもJuiceだけ「歌」を聴いているような気にさせられるグループだったので、この、れいれいの「歌」をJuiceに引き抜いたって正なんですけれども、この、ソロを堪能させてくれる企画最高に良いなと思っています。なんなら、ソロフェスもハロコンも自分の中にすんなり落ちて来てる現状、れいれいのひとそれがあったからこそ。と言えるかもしれません。

その3 鈴木愛理可愛すぎる

5月にYouTubeにアップされた「【期間限定】「Buono!ライブ2017 ~Pienezza!~」PCでさくさく見られるの最高でしたし、音も良くて。もったいなくてPC付けっ放しで開きっぱなしにしていてちなみに今日まだ見れますが。やばいですね 笑。ではなくてそのあとに上がった、愛理の打ち上げ生配信!その愛理が可愛くて可愛くてそればっかり何度もずっと見てます。ほんと可愛いしか出てこなくて、それだけです。ライブ行きたいですね。歌もパフォーマンスも最高ですから…

その4 船木結の「卒業…しませんっ!」

あんな最高なことってあります?爆笑しながら思いました。あとにもさきにも「卒業」をこんな形でネタにできる、ネタに落とし込むことができる機会ないだろうと思いますよね。好きなアイドルの卒業が決まったら、ファン誰しもが思ってしまう「卒業しないって言ってくれないかなあ」という夢が具象化された、レアもレアな出来事でありました。

その5

今日も今日とてももちのことを考えています。毎日思ってます。いつまで続くんだろう、もうずっと続くのでしょうか。

 

…溜まってたってほどでもないですね。薄いエントリーですけれども。冒頭に書いたように、ハロプロから離れていたのもあり、そしてインスタツイッターのコメント見て共感するだけで満足してしまっていたり、特にわたしがブログに書くことないな、ブログごともう削除しようかなんてこともちょっと、考えたりしていたのですが、でも今、こうして突発的に、好き勝手わーと吐き出す場所が自分にあったことに満たされています。ありがとうハロプロ

 

 

こぶし!

書留が届いたんですね。封筒見たらこぶしファクトリーと書いてあるから、ぁあー払い戻しかと思って開いて、為替入ってて、いろいろ思っていたら、封筒にまだ何か入っている。
f:id:lithohati:20200516161957j:plain
えっ何だ。
一瞬ののち、銀テープとわかりました。うわありがとうございます。
f:id:lithohati:20200516162122j:plain
画像ちゃんと撮れない。Twitterとかにたくさんきれいなのあがってることでしょう。そちらを見た方がいいですね。
いやあの、こういう、記念公演などの銀テープって、会場では手にできるような席に座れたことがなくて、ひとつも持ってないんですよね。
この、こぶしのが最初で最後かもしれません。

こぶしは、ライブで見たときの5人戦隊感が凄くて、このヒロインたちの立ち姿、会場で見届けたかったですよね。豊洲が最後になっちゃった。
みな美ちゃんが舞台とか出るなら観に行こうと思っていましたが、それもまだしばらくおあずけですね。
待ちますとも。

ツブヤキ

船木結のバースデーサプライズがぐちゃぐちゃに可愛い!えー、ありがとうございます。かむちゃんがすごいんだな。すごいねかむちゃん!zoomっぽかったね、zoom使いこなしてるね。リモート感が生っぽくて面白かったですすごく。おめでとう、おめでとうございました。ふなちゃんのことを考えると(以下略)

いやなんかどうしたらいいのかわからないんですよね。応援してていいの?みたいな、あーいや違う、違うんですけれども、ちょっと好き避けみたいになってますね 笑 ふつうに推せよーきもいやつだな本当に。

しかし言葉が出てこないです。抜け出すにはライブを見るしかない。うん、もうちょっとがんばりましょう。これもう1行目だけで良いエントリーでした!可愛かったねバースデーサプライズ。

 

 

 

ツブヤキ

長らく顔も見れてなかった同僚から久々にLINEが来たと思ったら「ビヨーンズの新曲MV毎日5回見てる」という連絡でした。「さやりんのお布団になりたい」だそうです。わたしだってJuiceのポップミュージック毎日10回見てる!と返信。たこちゃんの扇子になりたいです。引きこもっていても元気で可愛いアイドルを見てると情緒が平和に保たれますね。

そんなに言うこともないとりたててトピックもない毎日、今日も安寧を願います。

うちのシムズ4

続きを読む