1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

最高なPINK CRES.のラストライブ配信

PINK CRES. LAST LIVE ~LOVE YOU ♡ PINK CLASS. ~

ももちのラストと同じ日ですね。今さっき、生配信が終了しましたけれども、完璧な3人の完璧なライブでした。美しくってキラキラしてて誠実で愛にあふれてまして、曲良し声良し総じてパフォーマンス最高で、何よりピンクのライブのノリはすごく好みのやつですね。決めるとこ全部完璧なかわいさかっこよさ。とにかくどこ切り取っても絵になりすぎる3人でした。

このグループができた時は、イメージ固定でターゲット狭めに設定してるのかなって思ったんですけれども、最初のアルバム買って聞いたら全然そんなことはなくて、むしろ全年齢にヒットするんじゃないかって、なんだわたしにも刺さるじゃないかと思ったんですよね。自然に乗せてくれる心地よいグルーヴがあって、聴きやすい曲ばっかり。なにせ3人の組み合わせは感動的に可愛いですし、雅ちゃんはもちろん、にへひかもオーデの時から人の善さがストレートに出ていて好感しか持てない、本当に良いグループでした。今夜のライブ、わたしピンクのライブは初めて通して見たのに、気づけば体揺らしてクラップして、涙して、本当に楽しかったです。3人の優しさも染みました。

そうだ、梨沙ちゃんも見てたかな、なんてことも思っちゃったり。良くライブに行ってたし、特にひかるちゃんと仲よくしてましたよね。きっと見ていたでしょう。梨沙ちゃん元気にしておいでですかー

また何度でも見返したいライブ、リアルタイムに配信見られて良かったです。素敵な時間をありがとうございました…!あの、曲全部好きです! MCで雅ちゃんも言っていたけれど、見たくなったらまた映像たくさん見ます。

M-line Special 2021 〜Make a Wish!〜中野昼の続きを

先日久しぶりにブログ書いたなあと思った矢先、桃奈の卒業発表がありました。沈んでます。

今年に入ってから何していたかと言ったら、カントリー見る以外はアンジュルムを見ていて、特に2018年のアンジュルムをひたすら観ていたんですけれども、見れば見るほど桃奈がいいなという気持ちが高まるばかりでしたし、新曲MVも桃奈ばっかり見ていて、いやなにせ可愛くて可愛くて美しくて可愛かったですしね。

桃奈も地に足付けておきたいっていうタイプなんですよね。そもそもね。ふなちゃんと気質が似ているということは、まあ、10代のうちにっていう可能性も案じながら、アンジュがある限りはなんて、勝手に思ってましたね。卒業っていうのは止められないものです。ただ

f:id:lithohati:20210622224154p:plain

つらいね。わたし個人的にね、だいたい17歳くらいから大人として見ていくタイプなのよ。さあこれから!っていうところじゃないの。

f:id:lithohati:20210623185349p:plain

ももなの髪の毛きゅるんきゅるんじゃないのー!(ついさっきの配信キャプチャ)

新曲キャンペーンいろいろの中、渋谷タワレコにはふなちゃんの衣装も展示されると聞いて、行かねばと思っています。ダイバーシティも行きたいですね。こういう時に誘いたい、同僚のIちゃんは只今育休中。ベビと奮闘しています。頑張って一人で行くか。

ハロコンは立川だけですが申し込んでいて、これがRuby落選していたんですよー。いや、桃奈を見る機会はまた訪れるでしょう。Sapphireには知沙希ちゃんがいます。ブログには書いてなかったですけれども、花鳥風月公園、4月に同じ立川ステージガーデンの月公演に行ってまして、ちぃちゃん見るのはこれ以来の予定。楽しみにしてます。

桃奈…お気に入りのピンポス、飾るよ…。

気を取り直し。

 

〜Make a Wish!〜を観に行った感想のつづきです。さくっと。どこからでしたっけ。中盤

ロックの定義でした!

れいなもこう、目の当たりにするのは初めてだったと思います。確か。LVで観たことがあっただけかな。こんなリアルに体温を上げられたのは初めて。一挙手一投足に全くブレがなくて、真っ直ぐで。こんな熱烈に手拍子を煽られたのも初めて。全身で煽ってくるれいながたまらなく魅力的。声を発せない会場が一体になって熱を帯びていく感じにこちらも浸ってしまいました。気持ちいい、とても気持ち良かった。

続けてさゆのソロ。こちらも感動的で。全力の振り、いや、一生懸命っていうことじゃなくて、会場に向かって全く抜いてないパフォーマンス。食い入るように見てしまいましたけれども、頭のてっぺんからつま先まで可愛い。さすがです。

両者に共通するのは、会場のファンに対する全幅の信頼でしょうか。これこそ長年やってきたからこその貫禄と言うのか、全力で預けてくれてる感じの何と心地いいことかー。

勢いのまま畳み掛けるように、れいな、雅ちゃん、にへちゃんの3人でベベ恋。にへひかがすごいんですよね。声量あるし音程ブレないしそれぞれに独特の声音を持っていて、例えばここではれいなと雅ちゃんと組んでるわけですが、きっちり同じくらい主張してくるの。しかもバランスも良くて。確実にこのコンサートの底上げをしてましたよね。興奮しました。

雅ちゃんとかりんちゃんの黄色いお空。えーいつぶりに聴いたでしょう。懐かし過ぎます。そしてまた2人とも声が良くって気持ちいい。

なんかこう、2021年、過去の映像じゃなくて今これを見ている、見れている幸せですよ。時は流れているのに今現在確実にここにある珠玉。

感謝の気持ちに浸っていると、流れ出したイントロは、およげたいやきくん?れいなと雅ちゃんと、もう1人誰?あれ?誰だ?っと凝視していたら、声でわかりました。あー!と思ったら会場も黄色のペンライトがあちこちで点灯してて、愛ちゃん!愛ちゃんじゃないですか。何このコンサート!

およげたいやきくんっていうのが、もういかにもアップフロントの選曲だ。いや、しかし、3人の歌声がズッシリ。後乗りの引っ張るリズムに乗せて、重たい圧のかかった歌声がかっこいいんですよ。知らない曲を聞かされてるような、何か鬼気迫るたいやきくんが仕上がっている。これもマスクの下で口ぽかーと空けたまま見てました。面白い、良い、良いなあ。(当日夜にMVも見ましたよ!笑)

3人で組みました、この曲出しますという告知がありまして。「たいやき たべたの なんで?」雅ちゃん、このユニットでその先に繋いでいくのか。いずれにしても、このご時世、この3人のユニットが生まれるっていうのはすごい。ファンも着いていける。うん。得も言われぬ謎の感動を覚えていました。

つづいて、なんでしたっけこれ…私の時代!ロッキーズロッキーズだ、えーこれそうか、こんなのも見せてもらえるんですね!そして6期MC(さゆれなの丁々発止最高ですね)を挟んで、大きい瞳も!

この2人、そのルックスも歌声もモーニング時代と全く遜色ないことに驚愕しかありません。2人の信念がとっても好きです。ファンが求めているものを理解していて、変わらずにそれを見せることを信条としているのがよくわかる。ほとんど2次元の存在ですね、思い知らされました。

そして6人で恋の呪縛。これも嬉しい。ステージ横並びで面で迫ってくる呪縛。どれだけ聞いても毎回ときめく呪縛ですね。いい曲ですよねえ(ちょっと泣いてる)

ふくちゃんも出てきて7人でのワクテカ、この曲も好きですよーいろいろ思い出します。ああ、いよいよラストか、中野サンプラザのステージでそれぞれに覚悟がほの見える挨拶、ここでもまたれいなが会場をメチャクチャに煽ってきて最高でしたね。会場が割れんばかりの拍手に包まれました。ああ、こんなコンサート何度だって来たい!ほとんど夢です。

最後は愛ちゃんも一緒にシャボン玉でした。あっ

愛れなを見れるなんて思っていなかったからー!心の準備ができてないんですよね全く。さゆの「シャボン玉ー!」を生で聴く日が2021年に来ようとは、予想もしてなかった。受け止めきれなくて、呆然としてました。言葉にできない。とにかく見たのです。ゴロッキーズガキカメが居たら命を落としますよね、辛くも生き延びられるギリギリのやつです。

 

どストレートに、すごいコンサートを見てきました。駆け足で感想書きましたが、軽い気持ちでM-lineに行ってはいけません。よくわかりましたね。おっそろしい。

M-line Special 2021 〜Make a Wish!〜中野サンプラザ昼に行ってきました

行ってきました。久しぶりに電車に乗りました。GWの振替公演です。振り返られたせいか1階の前方という良いお席のチケットが来まして、どういうことかと思いましたけれども。これまでハローで申し込んだことのある中野サンプラザ公演は、1階後方とか2階席しか来たことがなかったのに。というわけで本来なら座れなかっただろう席で有り難く見た〜Make a Wish!〜

2021年にこんなすごいものを観られるとは。

オープニングアクト小片リサ。りさまるが出るというのを知ったとき、こんな素敵なサブライズあるのかと思いましたね。強い意志で再出発を決めたんだろうと思うと頼もしさを感じます。緊張を帯びたMCからは再スタートらしい初々しさもあって、良いなあと思って。白いワンピ姿は儚く、彼女にとても似合ってました。見れたのが嬉しいですね。YouTubeで配信されてた2曲を歌ってくれました。真夜中のドアの方が声域がマイクに乗りやすいのか、良い響き。聴き入りました。歌い終われば一人立つ姿には静かなオーラがありました。良かったです!

今回はなんにしても愛理がいない分さゆれなが強い、とは思ってましたが、会場で周り見ても6期最強!な方々とか、ゲストのふくちゃんのファンの方とか、ピンク多めのモーニング色がぐっと濃い感じ。

いよいよ登場の6人。さゆれな中心に、PINKCRES.佳林ちゃんが横並び。その時点でこれはいけない、いやいけなくはない、でもこの強さはマズイ、内心ざわざわしていたら、1曲目の『彼店』。

わたし道重さゆみを生で見るの初めてだったっけ?多分初めて。どうしよう、可愛い、可愛すぎて涙が出てきた。

さゆれなガチですよ。プロですよ。一分のスキもない。圧倒されますね。マスクの下で口ポカーンとしてました。アホ面だったと思います。6期最強?でしょうね。説明不要の強さ。

続けて『アレコレしたい』。6人全員それぞれに圧を感じる歌声で、濃ゆい濃ゆい。パフォーマンスのこなれた感じ、安定感はこれぞM-lineってことでしょうか。

ここからはユニットで数曲。

雅ちゃん&ふくちゃんで『恋は引っ張りだこ』

れいな&ふくちゃんで『摩天楼ショー』

さゆ&ふくちゃんで『好きだな君が』

さゆれな&ふくちゃんで『セクシーキャット』

どストレートがぐさぐさと突き刺さる。これでしょっていうのをそのまま、どうぞとされてしまって泡食ったまま、口が閉じなくて困ります。マスクで顔隠れてて良かったです。

ふくちゃんのソロはカバー曲。KANさんの曲ってどれも良いですよねえ。今回の『エキストラ』も、わたしは初めて聴いたんですが、良かったです。バラードでの染み入るような声もとても合っていて「好き」って言葉にクラクラしました。

からの『夏パーティー』さゆと佳林ちゃんと、ひかるちゃん、ひかるちゃんがもうお人形みたいな可愛さ。続いて佳林ちゃんソロ。初めて聴く、新曲だったのかな、個性にさらに磨きがかかってます。今のショート好き。

そしてピンク。単独一度行ってみたいと思いながら、行けないまま解散が決まってしまって。見たいと思ってたら行かなきゃ駄目なんですよねえ。痛感します。今回こうして直に声を聞いてあらためて、ほんっと良かったです。磨き抜かれた万能で美しい3人。かっこよかった。

ピンクと佳林ちゃんで仲良しMC。かつてラジオもやってましたけれども、このM-line公演でぐっと距離が縮まったらしく。佳林ちゃんから見たピンクは可愛がってくれるお姉ちゃん、ピンクにとって佳林ちゃんは可愛がってーって目で見てくる仔犬ちゃんとのことです。とってもよくわかる。そんな良く知らないのに良く分かる。ほのぼの。この絡みとってもいいですね今後見られないとかほんと寂しいことです…。

ここまで書いてきて本日は力尽きました。あれ、だいぶ端折りながら来たのに全然書けてないですね。

 

ブログも3ヶ月くらい空いてしまったか、すみません、プライベートでいろいろあったり愛用のMacBook Airが死んだりというのもあって、考えながらこう、文字書くのも久しぶりで、ドッと来てます。がとにかく、久しぶりのコンサートはとっても楽しかったです。この公演の感想、つづきはまた書きます!別ブログですがゲームの方も、ボーナス(出るのかな)でM1チップのAir買ってまた遊んで書きます!どうしても新しいDLCで遊びたいので買います!はい。

 

 

 

 

ひなフェス2021アンジュルムプレミアム行ってきました

幕張メッセは遠くて、1人で電車乗って行くのしんどい。と思っていましたが、結局いつもどおり

行って良かった!

ということになりました。良かった。とても良かった。冒頭から引き込まれてテンションも途切れず2時間あっという間でしたね。濃い目に感じたなあ。

今年のアンジュルムをとても見たかったんですが、特に、ちょっと前に見たTik Tokのわかなちゃんがすごく良かったので、あらためてその輝きを目の当たりにしてみたいという欲も。船木卒コンでも見てるんですけど、あの時は、新メンバーを全然追えなかったんですよ。まだみんな表情も硬かったよね。

いきなりの『限りあるMoment』みんなさらに綺麗になっていて、感動しました。ふな卒で見た時はわかなちゃんちっちゃすぎる!と思ったけれど、今日は、ちっちゃい!くらいでプラス何かもうオーラみたいなもの纏ってるように見えましたね。れらぴがベテランみたいな表情、迫力増していて完全に主力になってる。「それだけ」が力まずかっこよく決まってて!良いもの見れたよね!

全員表情が良かったですねー。キラキラ。ためちゃんなりんちゃんも迷いのない笑顔で魅せてくるのすごいと思いました。アンジュルムって全員意識を同じとこに持っていってる感じしますね。冒頭3曲で今の10人の一体感をしっかり感じさせてくれました。

ふながいない寂しさ感じなかったですね。寂しくないってことは、わたしの中でふなはすごく良い卒業したんだなって思います。ももちの時もそうだったから。

ハロプロ研修生。昨年見た時は何故か涙ぐんでしまったんですが、全体の雰囲気がぐっと大人っぽくなってる?良いな!と思いながら見てました。

研修生ユニットがこぶし曲!懊悩やってくれるなんて…。しっかり歌ってる!しっかり出来上がってますね、単独できそう。きららちゃんがめっちゃ良い。動きに気持ち余裕のあるとこがいい。デビューしてください。

ビヨの新曲見れたー!衣装良い。さやりんの脚長ー!って思って見てましたね。ここも余計な力入れずにパフォーマンスできるようになってて人数多い賑やかな曲なのにすっきり見れるの。歌も安定しててとにかく楽しい。MC、ゆはここが高校卒業ですって。焦ります。『ビタミンMe』で栄養をいただきました。動きたくなる!着席じゃない声出せるライブで見たいよねー。みいみー!って言いたいよね。

つばき。つばきではずっとまおぴんが好き、まおぴんを見ちゃうんですけれども、今日は、ききちゃんが。ふわふわのヘアスタイルが似合ってる。ルックスが強すぎる。つばきみんな可愛いのに頭いくつ分も抜けて、ゴージャズな、おいそれと触れられなさそなプリンセスでありクイーンでもあり。釘付けになっちゃいました。『笑って』大好き。聞けて嬉しいなあ。マイダーリン最高でした〜

シャッフル。

莉佳子のファンタジー。わー良い!声出せる会場だったら女性ファンの悲鳴上がってたろうねー。動きも表情も素敵。ソロっていいですねえ。存分に釘付けになってられますもん。広い会場ならではの気迫、抑えた気迫が良かったです。大人っぽいのにイノセント。

ももな&さおりんの夢幻。この2人で何やるかってまるでイメージ沸かなかったけれども、良い選曲〜。2人ともベクトル違えど強い女感ありますもんね。解釈のコントラストが効いてましたね。はー。ももな好きなんですよねえ。ももなを見届けたい。

13期とパンダさんのちょこラブ。めいちゃんほんと可愛いよねえええ。タイプの違う3人なのにぴたっとハマってて完成されてました!明るく楽しい気持ちにさせてくれる。これぞアイドル。

3組とも、何度も見返したくなる良パフォ。もうほんと来て良かった良かったと噛み締めてました。

Juice。DOWN TOWNだ!初めて観ました。大人サウンド。れいれいが美人すぎ。こぶしに居た時と全然印象が違う、変わりましたね。タコちゃんのポニテさらっさら!里愛ちゃんが迫力を身に付けてる。里愛センターにしなよ(勝手なこと言う)。主力が2人いなくなって、違う強さを発揮できるチャンスだよね。『好きって言ってよ』『如雨露』も好きな曲で、イントロで嬉しい!って上がりました。Juiceどうなっていくんだろう。かなとも踏ん張って欲しい。

21。新曲。めいちゃんいいわ。知沙希ちゃん痩せた感じする。遠目に見てるとどこ?って探して、はっとちぃちゃんの動きが見えて、いた!って興奮します。可愛い。ちぃソロパートもたくさん聞けたのが嬉しい。これでも2人いないのかって思いましたね。多いのよ。全員居て欲しいけど多い。こうして現場で見る度に思います。遠目になるからね「大勢」に見えてしまうのよね。さくらおとめみたいにしてみて欲しい。また勝手なことを。

つばきとビヨの共感詐欺。全然違う色で見えました。アンジュルムの共感詐欺ってかっこいい方向に振ってると思うんですけれども、つばき&ビヨがやると適度な軽さと可愛さ、コケティッシュな表現も混じって、歌詞の意味がちょっと変わる感じ、これはこれでとても好きでした。落ちサビ、力まなくて良かったと思う。

21とJuiceで糸島。えー最高じゃないですか。似合うよ。ソロパートのリレーが楽しい。めいちゃん里愛ちゃんが上手い!小刻みで短いパートをきれいに聞かせるからびっくりしました。そしてえりぽんのソロパート待っちゃったよね。いや楽しかったです。

だらだら長く書いております。

一曲一曲全部はっとするところあったんですもん。楽しくて。

アンジュルム。大器晩成。モニタでアップの表情ばっかり見がち。みんな楽しそう。わかなちゃん!!「流されずにーーーーーーぃっ」わー!自信たっぷりここにわかなちゃんを使えるアンジュルム。笑っちゃった。素晴らしくて。そして次にカクゴしてとか、もう、結局楽しすぎてずっと笑ってましたね。好きですー。

MCでタケが拍手くれと言ってくれるの嬉しかったですねえ。手痛くして幸せになりますよ。

パンタレイ。ふとむろたんの事を一瞬思ったら、莉佳子が見えて、安心させてくれる感じでした。夢フィフは鈴ちゃんが見えて、振りが良い感じに決まっててね、鈴ちゃんのパートもっとたくさん欲しいなーと思ったり。それにしても、いずれもファンが喜ぶ選曲でね、会場熱くなってましたよね。声出せなくても拍手しかできなくてもね。46億年の間はもう幸福に身を任せてぼーっとしていたんですが、落ちサビ、ふなちゃんのところ、かむちゃんかーーーー!頬がびりびりしました。泣く。良かったよーーかわむーー

ラスト全員のドンデンガエシ!ペンライト持っていって良かった 笑。全員の声の迫力がだんだん増していってのラスサビの圧、心地よかった。全員がしっかりテンションかかったままで、良いライブだったわ。

個人的に出色のひなフェスでした。全員の仕上がり具合が大変好みのところ。ありがとうございました〜。とても楽しかったです。

誕生日だからももちのDVDを観よう

今日は起きてぼーっとしながら、何かももちのDVDを観とこうと思いまして、ブログに書こうかな、書くならこう、ももちが可愛いDVD3選とかどうだろうーなんて即座に脳内から(全部可愛い!全部可愛い!)って言われましたんで、もうシンプルに今日見たいやつ3つ選びました。

1枚目!『MOMOKO TSUGUNAGA on Buono! FESTA 2016』

f:id:lithohati:20210306224403p:plain

5年前なの?死んじゃう…。ももちオンリーの映像を収めたDVDです。

自分が歌ってない時も笑顔、笑顔、笑顔。全部がスクショ撮りたい可愛さでキリがない、悪魔のようなDVDです。

f:id:lithohati:20210306214908j:plain

後ろ姿も可愛いんで。

このステージでのももち、ちょっとだけメイクが薄くて。メイクってアイメイクとかじゃなくて、ファンデ。ももちは、握手会でも間近に見るとファンデ完璧!っという感じだったので、この映像見ると生身の女性らしさが際立つこの肌感にすごい儚さを感じて、ドキドキしちゃいます。ちょっと違う色のももちを見れるような気がしているんですよね、勝手に。

この1人にフォーカスした映像って、歌ってない時の表情を見られるのがすごくいいんですけど、初恋サイダーで愛理が冒頭歌いきった時のももちの顔がほんと誇らしげに微笑んでいるの。これ見れるのが嬉しいんだよね。

あー可愛かった。

 

2枚目!『嗣永桃子メモリアルイベント ももがたり 〜桃の種・桃の木・桃の実〜』

f:id:lithohati:20210306215648j:plain

桃の木と桃の実は現場で観ました。今日は桃の木だけ見たんですけれども。

これはトークがどれだけすごいかっていうのがよくよくわかる映像記録。ずっと1人で喋って回して客イジって、ダレる時間など一瞬たりともない。あらためてそれがどれだけすごいかって楽しく見終わってからしみじみ思っちゃうやつです。

f:id:lithohati:20210306224852p:plain

桃の木はやっぱりサンクユーベリーベリー〜エレガントガールのくだりが好きすぎて、何度見てもやっぱり楽しくて。

その場で客席の反応を細かく見てるんですよね。客が笑うのを一瞬待つ間とか、ファンとの呼応も楽しめる一品。とにかくこのイベント自体が、ももちが引退前にファンを喜ばせようと全力尽くしてくれたうちの1つで、どうしてこんなにお話してくれるの!って涙腺にも来ます。当時のエントリーで書いたんですけれども、そんな昔からももちを見続けていたわけじゃない、わたしのような浅いファンにも、とても優しかった。丁寧で優しいイベントでした。

 

3枚目!『カントリー・ガールズ FCイベント2016 クリスマス♡ガールズ』

f:id:lithohati:20210306221135j:plain

ジャケ可愛すぎるでしょーーーーーーーーーーーーー

こんなトンチキ衣装でどれだけ可愛かったら気が済むのでしょうか。これスクショなんて本当にキリがないので裏ジャケ載せておきますね。

f:id:lithohati:20210306222042j:plain

写真のチョイスが完璧じゃないですか?内容についてはこれも観に行った当時にエントリー上げたかなと思いますが、見どころ満載の伝説的イベントですね。もりとちの「ハイッ!」とか『リズムが呼んでいるぞ』のふなちゃんとか。

個人的にはやなみんが果敢にももちDisに回るくだりとか、梨沙ちゃんまいちゃんの『わ~MERRYピンXmas!』なんか特にめちゃくちゃ好きなんですけれども、まあこの幼気な5人をももちが一歩引いて見守ってるのがよくわかります。このイベントの時、ももちがとんでもない大人の女性に見えたんですよね、2016年冬のももちはすごい美人です。そう思わされることが何度もあった気がします。

こんなの一日かけて見ていたら駄目でしょ。寝る前に久々のももロスです。

ももちゃんお誕生日おめでとう!29ちゃいですって?20代最後とか、思ったりするんでしょうか。いや30からもっと楽しいからね。ずっと幸せであることを願っています。

 

ツブヤキ

佐紀ちゃんって今年30なの?なんとなく、みっしげさんとかれいなが31ですって言われても、そうだよねえーもうそんななるよねえーいやまだ若いよ全然と思うのだけれども、佐紀ちゃんが30て言われると待って!という気持ちになりますね。おめでとうって思ったらじわっと胸にこみ上げるものがありました。千奈美の就職〜引退もグッときましたが、楽しい時間をたくさんありがとうと言いたいです。これからも彼女たちのことを思い出す度に楽しいから、何度でも思うんだろうけれども、本当にありがとう。アイドルはわたしのために生きているわけではないけれど、まるでわたしを楽しませるために居てくれてね。青春の一端に触れさせてくれたことに、これからも感謝なのです。これからも身勝手に想ってるわ。

時の流れ。

2020年が何か、あっという間に過ぎ去っていってしまって、こっちはルーティンで成長どころかじわじわ衰えてる気までしているけれど、新メン!と思っていた子たちはもうデビューからだいぶ時を経ていたりして怖いです。娘。の15期とか、瞬きしたら3年目に入るわけでしょう?怖いわ。

言ってもBerryzなんか、紅白に出てたのを観てた(嗣永が読めなかったことを覚えている 笑)ことを思い出せば随分と長い時間居てくれたんだなあと思うけれど、今のハローを眺めていると、アイドルを見続けるってこんなにめまぐるしいものなのかと思う。こんなこと思うようになったのはカントリーを失ってからだけれども(失ってはいないけれど)。ふわっと見ているとすごいスピードで通り過ぎて行く。推しがいないと。そういうことですね。推しがいないと!

別にいなくてもいいんですよ。そんなのは自由ですよ。好きになるのも飽きるのも自由なんです。好き勝手。けれどカントリーを追いかけていた時間のズシッとくるような重みのある幸せを思い返すと、今、何か見逃しているんじゃないかってザワザワしてしまいますね。絶対何かもったいないことあるよ。

何を?何を見損ねているんだろう?と、思って、ひなフェスとビヨの舞台を衝動的に申し込みました。FC更新しておいた甲斐がありました。推しが見つけられるかとかそういうことではなくて、そこまでいかなくても目にしておきたいっていう欲はまだ、あるんですね。良いことですよ!

ふなちゃんをもっと前から、もっと見ておけば良かったと思いながら、でもやっぱり彼女が17になってやっと「三角筋が良い!とても好き!」と個人に入れ込むようになったわけで、例えば今2007年に戻れても、嗣永を読めないままにしておくのかもしれないわけね。なんて話を、先日会った同僚にしていたら「ああ、そういうタイプなんですね?」と言われて、ど、どういうタイプなのかな。まあ、色気がないと推せないんですね。カントリーはいい女になる、という確信がありました。色気づくのを待っていたらふっと終わってしまったという、こうして書いてみるととても変態っぽいですね。ぽい、くらいにしておいてもらえると有り難いです。

ツブヤキ

同僚と『あの頃。』観に行ってきました。

劔氏について何も知らないし(犬山氏はめっちゃテレビで見てるけども)バックボーンも、原作がどんなものなのかも知らないままでしたけれども、実話ベースなんですよね、コズミンのインパクトで書き上げられた物語で、いや確かにあんな人身近にいたら楽しいよね。

感想というほどのものではなくて、えー恋INGで終わったら何であろうとじーんとしちゃうってことがわかりました。謎の感動。ちょろい。同僚もおんなじようなこと言ってました。なんでかわかんないけど最後に恋ING流れたらじーんとしちゃったよねっていう 笑。あと大事なこととして、演技上手いって大事ですね!

ちょっと前に、まいちゃんの舞台観に行ってたんです。だから何か書こうかなと思っていながらも、どうしても感想が書けなくて、そしたらさゆきのこととかあったりしたもので、このまま有耶無耶にしとこうと思っていましたが、この映画を観たら役者の演技が良かったので、まいちゃんの舞台で出てきた役者さん方の演技どうなのあれ。と、言っちゃおうかな、言っちゃった。

感情移入しづらいという点では、どちらも個人的に同じくらい入り込めない話ではあったんですけれども、そういう話ほど、役者の力でねじ伏せられて強制的に感情移入させられたいですよね。あの舞台に関しては役者の力量っていうより演出が合わなかったのかもしれませんけれども。わざと感情移入させないように情を乗せない演技になってるのかなとか、まあ余計なこといろいろ考えちゃいました。変わってるって言われる女が全然変わってる人に見えないとか、バカな子がバカに見えないとか、猫が全然猫に見えないとか。デリヘル嬢の話だとか同性愛とか薬でラリってんのかとかそういうのはもうアングラにありがち設定で別に構わないですが、この舞台にまいちゃん出て何か勉強になるかなと激しく疑念を抱きました。座組の連帯感って絶対あると思いますが、それだけで何かいい体験をしたと思わないで欲しい。書き出してみたら、わたし、けっこう腹立ててますね 笑。だから書かなかったんだな。

『あの頃。』は登場人物に感情移入できなくても、演技に引き込まれるみたいなところがあって、良かった、観て楽しかったです。

一緒に行った同僚とは、半年くらいぶりに喋って、ほんと久しぶりに誰かとハローの話ができて、そのきっかけ作ってくれたという点でも映画に感謝です。在宅勤務が恒常化してしまったからね。そして、わたしも同僚もLINEで雑談とか一切しないタイプだからね。会うことで「かみこのCM観れたー?」とか「梨沙ちゃんねー」とか何てこと無い雑談がやっとできました。

今年は、アンジュが観たいなー。なんて、こちらのっそりとした時間が流れてて、ハローの変化に全然着いてってないな。3月に入ってから「今年は」っておっそ!