読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

参っちゃうね!

無事、万難を排して、行けました。今帰社ですけれども。

ももの実ももち後期。

あの、あれですね。今何を思ってるかというと、辛い辛いつらいつらいつらい…っ

昨日の楽しい楽しいから一転、胸塞がれて潰れそう。参るわ。

自分が時にムダに穿ち過ぎなのは承知してますが、Berryz活動停止から、やらざるを得ないと決心したハロコンでのまいちゃんの代役、ポリープ、手術明け、歌うことへの恐怖と、重いプレッシャー、葛藤、最後の夏と思っての富士山。オチをつけつつ笑いにめかしつつ、だけどあんな見せ方してくるっていうのは、そういうことでしょう。しんどかった。

あの、ポリープの手術のとき、カントリーのツアー初日に病院からメンバーに送った「がんばってるよ」の写真を見せてくれましたが、それ、見せてはいけないやつでは!片方の肩が落ちて胸元緩んだ手術着に酸素マスクでやつれた笑顔、ギリギリで笑えるところか?いや笑ってあげなきゃいけないとこなのはわかるけども。最後だからこんなのも見せちゃうねってノリなのもわかる。わかるけど、泣いた。とんでもないものを。身内にまででしょこういうの見せて笑うのは…!そう、思って、でもカントリーのメンバーにこれを送ったのか。そうか。とも思い、いまファンに見せてくれるのも、身内だと思ってくれてるのかなと都合のいいことを思ったりして。勝手だな。

語り口が面白いから笑うんですけどね。笑いながら重くなっていく。しんどくて何度も目を閉じてしまって、ああっいけないももちが見えない!とかなってました 笑。わかってるから「しんみりするのもあれだから」とチャチャシングを最後入れてバランスを取ったのではないですか。「このイベントができてよかった」という言葉も、ファンに伝えたかったんじゃないですか。そう捉えるわたしがどうかしてんのか。

昔から知っているひとはどうでしょうね、ここまで重く捉えたりはしないのかもしれない。もしかしたら。まあ受け取り方はひとそれぞれ。これは新参が穿ち過ぎてるだけだと思うことにしますけども。いまこんな風になっちゃってるので書きました。ここはそういうブログですからね!

昨日との落差がすごすぎだよ…ジェットコースターラブ!(何言ってるんだかわからなくなってきた)

ももちはどエスだなー