読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

光の広場にて

出社してすぐ今日は3時に帰ります!と宣言。意気揚々と昭島に行きました。
微妙だわと思っていたGBBGの衣装も、間近で見ちゃうと「わーキラキラして可愛い!」ってなっちゃうのがイベントです。こんな間近で見るのはいつ以来だろう。モリタウン光の広場は優先エリアに入れると特に近いと思います。歌い踊るももち先輩をこの距離で見られるのはこれが最後だったかも……。

ここはステージ横にガラス張りのエレベーターがあって、待機前にメンバーがそれに乗って降りてくるとこが好きです。こぶしの時なんかは数人こっちを見下ろしたりしてた記憶もありますが、カントリーは全員背中向けて降りてくるとこがクール。女限で近くにいた女の子たちが「エレベーターに乗ってるだけで可愛い」と言っていて、うん。と思います。

各5曲やってくれましたが、新曲も含めて仕上がってる状態の6人でした。気持ちいいわ。どこ見ても抜けがない。振り見てて楽しいのはやはり、スピード感があってきれいな知沙希ちゃんと、キレがあってかっこいいふなっき。まいちゃんスタイル良すぎて前に出てくると無双状態。やなみんはすごく表情がついてきてて大きい振りも様になってきた。梨沙ちゃんの歌の安定感はもはや磐石。ももち先輩は神々しいほどにお美しかったです。もっと見たいな。もっとずっと見ていたいんですけれど。

ブギウギの時のイベントでは、この光の広場にて「ご存じない」の名台詞を繰り出したやなみんですが。
1回目MCで、やなみん反抗期という話が知沙希ちゃんから出て、ビクビクするわたし。髪直した方がいいよと言ってくれたスタッフさんに「今やるとこなんですけど!」などとキレたという。ビクビク。知沙希ちゃんに何回も何回も何回も「やなみんは不器用で」と繰り返され「ズボラで」と言われ、「そこは認めないと」とももち先輩に言われ、「ちぃちゃんに言われたくない」などと困り眉で言い返すやなみん。知沙希ちゃんもそこを乗り越えてきたから早く大人になれと、ももち先輩に締められてましたが、気の利いた返しもできず愚図るやなみんは本当に反抗期のようです。やなみんは誰にでも優しくしてくれると勝手に思っているわたしはビクビクなのです 笑。しかし、人見知りな知沙希ちゃんの反抗と違って、やなみんのは甘えっぽい、素が出てきたのかもしれないね。などとも思い、ああ、思春期の女の子の変貌を目の当たりにしている、だから何なんだ、わたしは一体何を見に来てんだという気にもなります。

2回目、PBJLのももちが絶好調だったように思います。1回目と全然違った。行ってないイベントとかハロコンでもっと調子いい時もあったかもしれないですが、最後まで集中し切ってて素敵でした。これ見れて良かった。ほんと良かった。これぞ胸熱。その思いのまま握手に行っちゃってまた威圧されたような気もしますが。よく覚えていないのです…。

そう、毎回握手のときって、可愛い!とか思って顔見ちゃうし、緊張も手伝って、握手してるっていう意識が全然ないなということを今日は思い出していて、2回目はちょっと意識してみよう、なんて。要するにももちと握手してるんだなとか思ってみよう、などと図ったつもりだったのですが。
2回目の握手のときに、梨沙ちゃんが手首をぎゅっと掴んできたんですよ……(白目)。カントリーの握手で初めて、手の感触というやつを激しく意識させられ、はぁあ!って思ってあとがぶっとびました 笑。なんでこんなおばちゃんの手首を掴んで惑わしてくるの!自分のチョロさを思い知ります。
そんなわけで、2回目のももちとの握手は忘れました。

以上。ああ……梨沙ちゃん…笑