1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

ももちゃん

昨年11月のReNYのち、わたしはももちについていろいろ勝手な予想を立ててはいいタイミングで小気味よく裏切られるというのを繰り返してきました。まったくもって危険なアディクションです(ドヤ)。
さきほど、ももちのブログを受けて更新したエントリーの、心酔度の高さなど、我ながら震えます。
震えながら言いますと
こんな惨い改革をやらかして放置してる者に対しての憤りは、何があろうと霧散しないと思うのです。しかし、何もできずに口ばっかり、無能丸出しな毎日を過ごしていたわたしに、PMから魅力的なプランが提示されたので、乗っかります。

これからももちは15日かけて「カントリー・ガールズを応援する」というのがどういうことなのか、教えてくれるんじゃないかな!

きっとカントリーを好きな者だけが受け取れるギフトです。別にああしろこうしろと言われるわけじゃなくて、PMの発信するものを己が心と照らし合わせ、自分はこうしていこうか、などと足場を踏み固めるよすがになるんじゃないの。わたしは福音と受け止めます。
って、聞いてください。わたしはずっとカントリーちゃんたちのこと、可愛らしいカルガモ親子を見るかのように上から微笑ましく眺めていたつもりでした。それがこの期に及んで、なんだか列の後ろにでも並ばされたような気分になっているわけです。エスだのエムだので括るのはあんまり好きではないですが、今やまるでドのつくMみたいじゃないですか。楽しいね……!

 

f:id:lithohati:20170617014035p:plain

〜PM〈プレイングマネージャー〉〜嗣永桃子
5人のメンバーの好きなところを毎日書こうとしたとき、ももちについて書くつもりはなかったんですけれども、流れです。
MV集ブギウギからのカットは、本当はこれじゃなくて、見た瞬間「えっ」と胸押さえて突っ伏すしかないファンには萌え死ぬようなシーンがあった。と思うんですが、あれは動画で見ていただかないと。というわけでクールなのを。

PM vs 山木梨沙
初期「当たりがキツくないですか?」と時々梨沙ちゃんが言ってました。実際最初からけっこう突っついていた印象です。愛香ちゃんに対しては最初から「何やらせても成功する」と手放しで褒め全幅の信頼を置いていた印象ですもんね、カントリーを愛香ちゃんに任せて手を引くストーリーもきっとあったに違いない。比べて梨沙ちゃんに対しては飴と鞭使って鍛え上げていった感じです。そしてそのどっちも梨沙ちゃんは優しく柔らかい心でストレートに受け止めていった。この2人に対してわたしが抱くのはそんな物語です。

PM vs 森戸知沙希
とにかく、笑い上戸の知沙希ちゃんを笑かしにいくことに血道を上げていた。という物語。人見知りだった知沙希ちゃんを解いていく過程だったとは思いますが、一方、キレた知沙希ちゃんに気圧されているPMという構図もかなり好みです。

PM vs 小関舞
子ども溺愛物語。まいちゃんに関しては、いくら調子に乗ろうが目を細め見守っていたところ、見るものを癒すパワー半端なかった…!最初、気を使っていたまいちゃんに対して、母のような無神経さで応えることで心通わせていったという、完全なる母娘ペア。

PM vs 梁川奈々美
やなみんのくだりで書いてしまいましたが、そういうことです。多分一番心配していて、一番丁寧に目をかけたのではないかと思っています。何が良いかって、やなみんあんまり気付いてないんじゃないかな。時間をかけて、落ちてくるかもしれないし、落ちてこないかもしれない。

PM vs 船木結
一方、ふなちゃんに対しては、最初からカントリーの強い戦力として扱っていたのではないかと、初期の交流があまりこちらに見えてこなかったことからも思います。ここだけはフォローしとこう、とPMが思ったのであろうところが「お勉強」。大阪MCでのテスト結果報告、がっかりでしたね!笑

ももちについて、というのはきっとまた書くだろうと思うので、対メンバーの構図、みんな知ってるってところをあらためて、好きだな!と思いながら書いてみたところ、思った以上に「知ってるわ」と言われそうなことしか書けなかったんですけども、これらを見せてくれたっていうのが、何よりカントリーにどんどん入れこんでいった大きな理由になりましょう?

 

ブギウギMV、まなかんのお気に入りカット。

f:id:lithohati:20170528002047p:plain

広告を非表示にする