1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

もりとち

ハロ!ステで、カントリーについて何もないんですね。何が欲しかった?と聞かれても困ります。見ても今は辛いだけだろうと思いますけれど。
あの日の、唐突な公式ページのお知らせのみで、あとの説明は全部メンバーにブログでさせて済ませているというのはどういうことか。本当に何の計画もなかったんですね。
ももちの引退発表から、ももちイズムツアー、ももち卒業までのストーリーは8ヶ月かけて、これ以上ないほど仕上がっていたのに。呆れ返る。

何日も経ったけれど、まだ信じられないんですよね。まだ毎日「嘘だろ」と思っている。カントリーの未来が奪われるに足る理由が、ない。こんなことってあるんだろうか。

今はただ、仙台まで一日一日を数えるだけです。東京から車で行くので、体力温存!

 

f:id:lithohati:20170615004945p:plain

〜栃木のひとみしりっ娘〜森戸知沙希
キャッチコピーで腰砕けにしてくれてありがとうもりとち……。
この子について考えるとき、真っ先に思い浮かぶのは初期からずっと「怒り」なのでした。
ああっ知沙希ちゃんが怒っている…!と思う時、ときめきを感じます。ほとんどが、えっそこでキレる!?というもので、怒りを向けられた方をたじたじにさせる圧があります。ももち先輩が扱いかねているところを何回か目撃した気がします。喜怒哀楽の中の「怒」の時に最も強いパワーを放つ、ということろが、ウサギっぽい。ウサギ飼ったことないですが。
まだ、全力の森戸知沙希を見たことがない気がするんですよね。本気出したらすごいけどまだ本気出してない感。このタガがはずれる時が来るのか、人見知りだったのがカントリーにすっかり溶け込んで、お姉さん組になってより責任感も強くなり、いずれ先頭切ってカントリーを牽引していくところを見たがってました、わたし。
前にライブのMCで、占ってもらったらリーダー向きと言われた、みたいな話をして、知沙希ちゃんがー?みたいなネタ扱いで終わったことがありましたが、あの時本気でちらっと期待しましたもんね。リーダー森戸知沙希。いいじゃんって思いましたよ。
強さはパフォーマンスでも。『BYE BYE 最後の夜』が好きって本人も言ってましたが、わたしが初めて歌声にハッとさせられたのも、この曲のワンフレーズでした。強い!可愛いより断然かっこいい方がキマるんだ、と気付かされました。押しの強いパートが決まると、曲全体がかっこよくなるんですよね。パワフルになる。瞬発力で魅せる。
キレのある動きで、且つ品のあるダンスも大好きです。ハロプロにあんまりいないタイプのような気がしますね。青い炎みたいだなと思うんです。わたしの中でのイメージカラーはずっと青。赤でも黄色でもなくてごめんね…!
当たり前の可愛さについて言及してませんでしたが、感嘆するのは『リズムが呼んでいるぞ』の台詞部分、何回やっても瑞々しい可愛さを振りまくところ!いつまでも慣れないしダレない。最高です。

 

広告を非表示にする