1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

ふなちゃん

カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!!」これまで通りのりさおぜ節が全開。聴けてよかった。幸せ。愛に溢れる、思わず顔がほころんじゃうやつです。これは、カントリーの行く先を聞かされる前の収録ですよね。たぶんね。
それから、ももちのラストアルバムに収録される『妄想リハーサル』が流れ始めて、泣きました。これが今月末やっと手元に届くんだ。どれだけ待ったと思っているんだ。自分がどれほどカントリーのアルバムに飢えていたかも、思い知らされたような気がします。

今回のことから「カントリーは駄目だった」という結論にはならないんですよね。「カントリーは終わりにしてもいいと考える人がいた」ということはあるかもしれませんが、この結果はこれまで積み上げてきたものの評価ではないのです。
カントリーの評価は見てきた人が思ったまま自由にしていいんですよ。というわけで

ここできちんと、カントリーの何が良いと思っているかを書いておこう。こんなことがなければわざわざ書きもしなかっただろう、当たり前のことしか書けそうにないですけれど。

メンバー編でいってみよー

f:id:lithohati:20170528001925p:plain

〜ナニワ魂〜船木結 ※キャッチはDVD Magazineより拝借
カントリー内での立ち位置が、決して「末っ子」でないところが大きなポイント。妹感?ないですね、ないです。加入時から常に「含むところ」ある顔つきをしてました。それは恐らく内に秘めるプライドです。新人として入っても自身の能力の高さを誇示する事に臆するようなところはほとんど見られなかった。この子の立ち位置の見極めと瞬発力は恐らくカントリー内でも突出して高い。ももち先輩より高い。
デビュー曲となった『ブギウギLOVE』のMVで見せる堂々とした振る舞い。背後にカントリーを背負うことを全くプレッシャーにしていない。グループ全体をぐいぐい引っ張っていくパワーに満ちあふれていました。高まりましたよね。
歌唱の魅力がずば抜けているのは誰もが知るところ。『ブギウギLOVE』のレコーディング動画、これは船木結の歌の魅力を解読するのにマストの動画ではないかな。見た人を「おっ」と思わせるなんともイナタいセンスに満ちてます。
カントリー・ガールズの楽曲の方向性に大きく影響を与えたことは間違いない。船木に引っ張らせようという思惑もあったでしょう。
実際、船木結が加入したことにより、山木、森戸がが激しく刺激されただろうと推測していました。かっこいいカントリー・ガールズも見せていきたいと強く思っている3人です。船木結は、可愛いばっかりじゃないカントリー・ガールズの可能性を大きく広げた一人ですよね。
時々書いてますが、ブログで見せるウィットが大好き。かなわんなぁ。と平伏しております。

https://youtu.be/ZUuSIOPHLTQ?t=1556

アプカミ#06(03/04/2016)

長いわ……ふなちゃんだけで今回終わり。ももち先輩から「あのさ話もうちょっと短くまとめられないかな」と言われてしまう。ヤダー言われてみたい。

今日は℃-uteのラストコンサートです。凄いライブになりそう。カントリーはオープニングアクトに出ますね。しっかり努めてくるのだよ。

広告を非表示にする