読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

これがナマ眞佳…!

とか思いながらセーラー服ももちを見つめていた自分が最高にキモかったというお話。

諦めていた「ももがたり」でしたが僥倖が。なんと早退できそうな気配というこの僥倖に心臓ばくばくいわせながら会社を飛び出しました。メール来ないで!電話来ないで!みたいな。

当日券ありがとう!

詳しくはハッシュももの木でツイート検索でもしたらいろいろ読めて楽しいですが、あらゆる魅力が詰まったイベント本当に最高でした。夢なら醒めないでという感じです。

中期ももちということで「ライバル」からスタートしたももの木でした。
麦わら帽子にツインテール、ワンピースという夏の少女のような可憐ないでたち。1曲歌っては、上手にある丸テーブル席に着いて、水飲みながら当時のエピソードトーク。2008年頃の話からスタートだったかな。

「モンキーダンス」「MADAYADE」「ジンギスカン」とBerryzがコミカル路線に入った頃という話。モンキーダンスのポスターが渋谷や新宿に掲示されると知ってわくわくしてたら猿の着ぐるみのポスターが貼り出されて(知らない人にもわかるようちゃんとモニターにそのポスターがどーんと写って)嬉しいやら恥ずかしいやらって話から
「でも可愛い写真も撮ってもらってた」と、当時の写真集「momo16」「ももの実」の写真が何枚か写し出され。「momo16の表紙はタッチの南ちゃんを意識してんの」とか。それらを見ながらやおら「この頃生駒ちゃんに似てない?」とか言い出すももち。「私の中では『生駒期』と呼んでいます」と言っちゃう軽妙さになんだか余裕ある大人ももちを感じたりして。

イナズマイレブンのタイアップ曲をやっていた頃は「池田期」と言うももち。ラッキィ池田氏振り付けの時期で印象深いと持ち出した当時のエピソードの1つ、公には公開されないプロモーションVがあり、その撮影時の話がなかなか。
通常は1人ずつ年齢順に挨拶してから始まるというVTRが「流星ボーイ」の際、池田氏の演出では順不同にそれぞれ「○○に届け!」と即興で言わされることになり、思わず「テレビ局の人に届け!」と恥ずかしいことを言ってしまったという話。このVはテレビ局に送られるやつだから……という、がつがつしてて良いエピソードが。
そして「青春バスガイド」を聴けるとは。この曲は爽やかで甘酸っぱくちょっとかっこよくて大好きです。ももちの声が良かった。「記念に写真撮っていいかい」の「かい」の低音の響きが!気持ちよかった。幸せです。

お風呂で低音の練習をしていたという話も。高音が褒められてたけどそれだけじゃダメだと奮起して、と当時お風呂で頑張ってた発声をやってみせてくれたり。
女性の歌声は低音こそが魅力。ももちに惹かれた数多の理由のうちのひとつに「低音の歌声」もあるので、こんなエピソードと実演は非常に興味深く、ありがたく。
いや高音も好きですけれど。「サンクユーベリーベリー」は聞き惚れました。これを歌うためだけに着替えてきた、セーラー服がコスプレになってない!少女にしか見えない!お肌ピチピチ!って、冒頭の話です。耳と目が幸せで、ニヤついていたと思うのです。舞台好きなので、舞台は特に見たかったなあと思います。当時の話は台詞覚えが大変でとかそういうのが多いですが、舞台だけで見られる貴重な輝きってありますもんね。

感想を軽くなぐりがきして済ませようと思ったのになんか長い……

……あとですね(続くのか)
Berryzのコンサートでは「ベリ高フェス」がとてもお気に入りとももち。ミスコンのコーナーで演出のために照明さんや音効さんに頼みまくって自分の見せ場を劇的に変えたと当時の映像を見せてくれる。素晴らしい説得力。しかし自分が知らないうちに当時のマネージャーが、同じ効果をコーナートリの梨沙子に、と頼んだせいであっさり見せ場を取られたと言う。
そのシーンも見せてくれて、笑うとこかと思いきや若干マジモード。「完全に梨沙子のせいじゃないんだけどね」とエクスキューズ入れつつ「こっちは食事も取らずにスタッフにお願いしてやったことなのに」などと当時の悔しさを語ったあと「私が好きな映像をどうぞ」と引っ込むと、流れた当時のライブ映像は梨沙子の「エレガントガール」。
大きいモニターで見る衣舞様の迫力に魅入られつつ、へえ、自分の映像じゃなくて梨沙子の流してくれるの、なんかいいなぁと思ったら、映像明け、さっと照明が変わって「聞こえるかしら、私をたたえるもも様コール」とかなんとか言ってももちが出てくるという……!!完璧な流れ、完全にやられました。会場の「もも様」コールも素敵だったです 笑。

Berryzの頃のももちを見てきていないから、行けるなら「ももの実」に行きたいと思っていたんです。Berryz活動停止間近でファンになったし過去をいくら掘っても「体験」はしてないわけで。後期の「ももの実」ならわたしがいくらか体験してるももちを振り返れるんだろうし、なんて。しかし
ももちの気概は「なんでもっと前からファンじゃなかったんだと後悔させたい」という、非常に丁寧な、過去を振り返るイベントであろうが新規ファンももれなく満足させてやる、というものだったわけで
最高でした。ほんっと楽しかったです。

明日のチケットを買っちゃいました。明日は夕方に六本木で打ち合わせ後帰社。というスケジュールですが、打ち合わせ後直帰。をもぎ取りたい。笑 できるのか。わかりません 笑