1日分のお砂糖

おもにカントリー・ガールズへの思いのたけを書くブログになろうかと思います

あーそれを言っちゃう

週末に同僚に貸したカントリー春夏のライブDVDの感想メッセージが届きました。
「超低予算ホラーみたいなカメラワーク」

わかるわ。暗いしね。照明が全然足りてないの。なるほど。わたしは最初見たとき、2時間ドラマの、本筋に関係ないアイドルのコンサートシーンのようだと思ったけれど……

実は客席では事件のキーパーソン同士がひっそりと接触していたのである。
「Aがこのアイドルのファンだと知っていたBが当日券で入場し声をかけた可能性が高い」
「ここが接点か!確かにここなら誰にも気づかれずに2人は話すことができたわけだ!」
「犯行計画が最初に練られたのはここですね。これで半券の謎が解けたわけです」
なんて刑事の会話があり、客席でAとBの邂逅シーンの再現があり
ステージではいかにもアイドル風の、垢抜けない女の子たちがカラオケをバックに、無邪気に歌ってる場面が挟まるわけですよ。
それっぽく作ろうとしてるけど、セットもないし照明暗いしこれが人気アイドルのコンサートシーンだと?まあ2時間ドラマだからしょうがないか。くらいの

……わたしはこの子らのステージ見るのを目下人生無上の楽しみとして仕事頑張ってんぞ!ちょっとはかどらせる妄想の方向を間違えました。

低予算で思い出しましたが。だいぶ前になりますけれども、ももちの今年のバースデーDVDは買ってみて驚愕しましたよね。そのプランのなさ、その低予算ぶりに。百戦錬磨のファンのみなさんはもう慣れたもんですか?「3,000円で買ったのー」とか人に話すと「えー、安いね!」とか言われるんですけれども。

f:id:lithohati:20161127002807p:plain

(早朝の芝浦かなんかの何もない道っぱたで真っ黒のベンチコートを着せられビデオカメラだけ持たされて立つ桃子さん)

大きめコートのお袖がかわいいとか眠そうな笑顔かわいいとかそういうことじゃないんすよ!「バースデーにかこつけてファンに売るからなんかやれや」とノープランでももち1人にぶん投げられている、全編それだけのDVDでした。
見るとちょっと悲しくなるんですよね。お誕生日DVDでなんでこんなことやらされてんのさ桃子……スタッフ誰か一人でもいいからちゃんと盛り上げる気持ちをくれよ……っていう切なさで胸が潰されます。ねえ、現場ってこんなにも愛がないの?いや愛はあるんでしょうけれども、能がないんでしょうね……わたし如きが買うにはまだ早すぎるディープなシロモノでした。

まそれは置いといて、同僚もライブでのふなっきのパフォーマンスには心惹かれてやまなかったご様子。わかるわ。
ふなっきの凄み、風格をまとう日も近いのです。見届けたいもんです。

Buono! Festa 2016』のBlu-ray&DVDは配送中の模様。あれ思ったより早く。全曲よかったという記憶しかないあの日を、映像で振り返り堪能できる喜び。そして武道館センターステージでの堂々たる『どーだっていいの』を見る楽しみありです。明日!(あれ日付変わってた!今日!)